シビックテック車座会議 2020 CIVIC TECH JAPAN

CIVIC TECH JAPAN

シビックテック車座会議

新型コロナウイルスを巡って情報が氾濫する中で、市民による課題解決「CivicTech(シビックテック)」が注目されてきていると思います。
シビックテックを、より身近な存在に感じていただけたらと思い「シビックテック車座会議」と題して、各地のシビックテックプレイヤーとインタビュー形式で対談をします。車座会議は、英語では「fireside chat(炉端談話)」とも言われているそうです。炉端を囲んだ雰囲気で話せるとよいのかなとも思います。

シビックテック車座会議は、地域のシビックテックコミュニティの交流と情報交換を主目的とし、各地で横に繋がっていける場の構築ができたらと考えています。
この場を通して、ぜひ新しいプロジェクトの協働やコミュニティ運営の知恵の共有がなされることを期待してます。

前半部分は、各地でシビックテック活動している方にインタビュー形式で対談をします。
インタビューは同時にYouTubeチャンネルでライブ配信し、配信した内容も後日にアーカイブで閲覧可能とする予定です。
後半部分は、Zoom参加者だけでディスカッションをしてインタビューの内容や各地の活動の共有をします。


場所:オンライン開催 Zoom + YouTuber Live
参加者:全国のシビックテック活動をしている方
開催趣旨:全国のシビックテックコミュニティの緩い連携の場の構築
運営団体: 一般社団法人シビックテックジャパン (CTJP)

YouTubeチャンネル: https://www.youtube.com/channel/UCLU0f2U2hiLaDs6_Dv5ta7A
Facebookページ: https://www.facebook.com/civictechjp/
Twitter: @civictechjapan
連絡先: info@civictech.jp
ハッシュタグ
#civictech
#civictechjp


※ 前半部分のみ、YouTubeチャンネルに動画をアーカイブします。

### 基本的なタイムテーブル

-- ここから公開トーク (YouTubeLive 生配信)---
19:00-19:10 シビックテック車座会議 趣旨説明
19:10-19:30 ゲストとインタビュー・対談

-- Zoom参加者のみでオンライントーク ---
19:30-20:00 インタビュー・対談についてZoom参加者でディスカッション
20:00-20:50 参加者の皆さんの活動紹介と共有
20:50-21:00 クロ-ジング

2020/04/28 大島 正美さん

第1回のゲストは、岡山県倉敷市で活動をしている、一般社団法人データ クレイドル・Code for Kurashikiの大島 正美 さんです。

### ゲスト
一般社団法人 データ クレイドル
Code for Kurashiki
大島 正美 さん

### Facebookイベント
https://www.facebook.com/events/654316158462877/

2020/05/29 牛島 清豪さん

第2回のゲストは、Code for Sagaの代表として佐賀や九州を中心にシビックテック活動を続ける 牛島 清豪 (うしじま せいごう) さんです。

### ゲスト
Code for Saga
Code for Kyushu
牛島 清豪さん

### Facebookイベント
https://www.facebook.com/events/720574608685236/

2020/06/26 石井 哲治さん

第3回のゲストは、Code for Gifu 石井 哲治さんです

### ゲスト
Code for Gifu
石井 哲治 さん

2020/07/31 太田 一穂さん

第3回のゲストは、CODE for SAITAMA 太田 一穂さんです

Code for SAITAMA https://www.code4saitama.org/

https://peatix.com/event/1542479/

2020/08/28 澤田 学さん

積雪寒冷地域の冬をシビックテックでデザインする

今回のテーマは8月の真夏なのに「積雪寒冷地域の冬をシビックテックでデザインする」です。

ゲストの方にシビックテックならでの冬のデザインについて話をしていただきます。
冬のデザインとはどんなものなのでしょうか?

2020/09/25 ジェンダーとシビックテック

「ジェンダー(gender)」という言葉はよく聞きますがジェンダーとはどういうものなのでしょうか?
日ごろ見聞きする言葉ですが、知っているようで知らないのではないでしょうか?
今回は、ゲストからジェンダーの基本を学び、シビックテックの観点でどう関わっていけるのかの議論をしたいと考えてます。

2020/10/30 フードテックとシビックテック

食の価値の再定義が求められています。おいしさや利便性以外にも信頼性や個性表現、快適性やコミュニケーションとしての食等、健康維持からストレスの発散まで様々な価値があります。多様な価値を求める一方で現状のフードシステムにかかるコストと健康・環境・経済への負荷となるコストの差は-1兆9000億ドルと試算されており、一つの社会課題となってきています。
CIVIC TECH JAPAN
2019年5月 法人設立しました

Copyright (C) 2019 CIVIC TECH JAPAN All Rights Reserved.

▲ ページの先頭に戻る